calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

交通事故相談する際に

交通事故に関して専門家へ相談する際は、
明確に被害者であるという立場である場合が望ましいです。

それ以外のケースでは、経費がかかりすぎて
最終的に損をしてしまうケースが多くあります。

rank

人気ブログランキング



ランキング一括投票
 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.04.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    交通事故での腕と太腿の傷の後遺障害について

    0
      交通事故で腕と太腿に傷跡が残りました。擦り傷ですが沢山重なって広範囲に痕が残っている状態です。傷の深さは深くありませんが、元の肌の色と比べるとかなり目立ちます
      そこでご質問させて頂きたいのですが
      1.腕の傷は肘より下にありますが、もしこれが肘より上の場合は該当しないですか?
      太腿の傷も普段露出しないので該当しないのでしょうか?ひざ下であれば認定されるのでしょうか?
      2.大きさは手のひら大と書いてありますが、誰の手のひらの大きさが基準になるのでしょうか
      3.自賠責の治療費の請求時の最初の診断書から傷の事を書いてもらわないと、後遺障害認定してもらえないでしょうか。
      4.後遺障害の申請は骨折の症状固定してない状態でも6ヶ月たてば醜状痕の申請をしても良いのでしょうか(部位別に症状固定した場所から申請して良いのでしょうか)

      質問が沢山になってしまい申し訳ありませんが何卒宜しくお願いいたします


      弁護士による回答
      1 腕の傷は肘より下にありますが、もしこれが肘より上の場合は該当しないですか?太腿の傷も普段露出しないので該当しないのでしょうか?ひざ下であれば認定されるのでしょうか?

      肘より下、膝より下であれば後遺障害14級に該当し、肘より上、膝より上であればこれに該当しません。

      14級4号と5号では上肢と下肢の「露出面」の醜状痕が後遺障害に該当すると規定していますが、この「露出面」とは、肘下と膝下と解釈されています。


      2 大きさは手のひら大と書いてありますが、誰の手のひらの大きさが基準になるのでしょうか?

      ご自身の手のひらの大きさが基準です。
      手のひらとは指の部分を除いた大きさです。 


      3 自賠責の治療費の請求時の最初の診断書から傷の事を書いてもらわないと、後遺障害認定してもらえないでしょうか。

      別の方法で事故との因果関係を証明できるのであれば、最初の診断書から書いていなくても大丈夫です。

      あざが残った場所が、事故で傷害を負った部位と一致しており、あざの形状やサイズ、新しさなどが事故の状況と一致していれば、これを説明することで後遺障害と認めてもらうことは十分可能でしょう。
      医師に相談して、意見書を書いてもらっても良いかと思います。


      <引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1060/b_285610/>

      交通事故の後遺障害や示談時のトラブルなど、納得のいかないことがあれば一度弁護士に相談してみるといいです。その時は、交通事故専門の弁護士に相談するようにしましょう。優和綜合法律事務所なら無料相談もあるのでオススメです。


        優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済  

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.04.17 Friday
        • -
        • 12:31
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
                  

        * design by +M+ *