calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

交通事故相談する際に

交通事故に関して専門家へ相談する際は、
明確に被害者であるという立場である場合が望ましいです。

それ以外のケースでは、経費がかかりすぎて
最終的に損をしてしまうケースが多くあります。

rank

人気ブログランキング



ランキング一括投票
 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.04.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    妥当かどうか、弁護士に頼むと幾らになるか

    0
      先ほど 仮の示談提示を確認致しました
      9月16日事故
      病名
      外傷性頸椎症候群 右手首捻挫 右股関節打撲 腰椎捻挫 右足首捻挫 右手痺れもあり。

      2月迄の示談を確認致しました。
      総治療日数164
      実治療日数 入院39通院85
      提示額
      681200

      入院39×8600通院×4200

      妥当なのか?検討よろしくお願いします。

      以前、事故の因果関係なしといわれ、急に打ち切られ、担当が変わり、打ち切られた件について、謝罪を貰い示談の時に、反映するとの事。

      妥当か?どうか、よろしくお願いします。

      弁護士に頼むと幾らになるか参考によろしくお願いします。

      弁護士による回答
      事故から入院を経て現在まで通院しておられるのでしたら、

      ご記載の金額では、入通院慰謝料だけとしても
      基準より安いかと思います。

      後遺障害の有無や、休業損害等についても不明ですので、
      弁護士に相談されることをおすすめします。

      費用は事務所により違いますし、請求金額によりますが、
      交渉は概ね10万円くらいから、相談は
      5000円くらいからでしょうか。

      <引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1059/b_328168/>

      後遺障害、休業損害等についても専門の弁護士なら適正なサポートができます。また、適正な賠償額を受け取るには弁護士の介入が必要です。まずは無料相談から問い合わせてみてはどうでしょうか。

      優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.04.17 Friday
        • -
        • 12:49
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
                  

        * design by +M+ *