calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

交通事故相談する際に

交通事故に関して専門家へ相談する際は、
明確に被害者であるという立場である場合が望ましいです。

それ以外のケースでは、経費がかかりすぎて
最終的に損をしてしまうケースが多くあります。

rank

人気ブログランキング



ランキング一括投票
 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.04.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    傷に関する賠償・男女の差

    0
      交通事故で顔に傷跡が残ってしまった場合の賠償額について。

      後遺障害と認められる傷
      ◎大きな傷
      5センチ以上の線状痕
      卵大以上の瘢痕

      ◎小さな傷
      3〜5センチの線状痕
      10円玉〜卵ほどの瘢痕

      等級、男女の差について
      ◎男性の場合
      大きな傷でも小さなキズでも12級

      ◎女性の場合
      小さな傷で12級
      大きな傷で7級

      程度によって必ずしもこうなるとは言い切れませんが、女性は7〜12級、男性は12〜14級と女性のほうが重く判断されます。
      ■7級で1051万円
      ■12級で224万円
      同じ程度の傷を負っても、男女でこれだけの差がでます。

      また、俳優やタレント・モデル・水商売などを職としている人に関しては収入が減るなどの影響も考えられます。逸失利益が認められる可能性もあります。

      男性の傷も、女性の傷も、保険会社と個人の示談では適正な賠償額を受けることはできません。適正な賠償額を請求するには弁護士の介入が必要となります。


      優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.04.17 Friday
        • -
        • 12:00
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
                  

        * design by +M+ *